意外と知らない名刺のマナー(大阪・JR吹田駅前店)

TEL050-3136-0078
特急専用:06-7177-7307(24時間受付)

意外と知らない名刺の基本マナー

たかが名刺されど名刺。ここでは名刺の取り扱いやマナーについてご紹介いたします。

名刺は目下の者から先に渡す

名刺は、目下の者から先に渡さないといけません。もし自分の名刺取り出しにモタついて目上の方から先に名刺を受け取った時は、「挨拶が遅れまして申し訳ございません」と一言添えて自分の名刺を渡しましょう。

名刺の渡し方

名刺を相手の方向にし、右手で名刺を持ち、軽く左手を添えて相手に渡します。名刺を渡すと同時に「株式会社○○、○○と申します」と一言添えましょう。

名刺は渡す高さが大事

目上の人に名刺を渡す場合、相手の名刺入れを持っている手より低い位置から自分の名刺を渡しましょう。

名刺の受け取り方

相手から名刺を受け取る際は「頂戴いたします」と一言添えて、両手で受け取るようにしましょう。

新人営業マンの方から名刺を受け取るとき

営業に来た新人営業マンが、名刺を出すのにモタついている時は、しばらく待ってあげる余裕が必要です。相手が名刺を出して、受け取ってから自分の名刺を渡します。相手が目上でない場合は、名刺を出す位置は気にする必要はありません。

着席名刺交換は印象が悪い

着席している場合でも、名刺を渡す際は一旦立ってから名刺を渡しましょう。

もらった名刺の取り扱い

着席してからは、もらった名刺は相手の座っている順番に自分の前に並べます。相手の方が目上の場合は、相手の名刺を机の上に直接置かず、自分の名刺入れを座布団にするようにして相手の名刺を置きましょう。相手の顔と名前が一致したら、頃合いを見計らって、そっと相手の名刺を名刺入れにしまうようにします。

もらった名刺に書き込みは禁物

相手が見ている前で、もらった名刺に書き込むのは印象が悪いですし、気の良いものではありません。メモは別途メモ用紙に取り、名刺にメモしておく必要がある場合は会社に帰ってからメモを名刺に転記しましょう。

もらった名刺の取り扱いは慎重に!

会議中に相手からもらった名刺は、水をこぼしたり、床に落としたりしないよう慎重に取り扱う必要があります。これを疎かにして商談が破談したといった事もよく聞きます。名刺の取り扱いは厳重に。また、頂いた名刺をポケットに入れたりするのはタブーです。頂いた名刺は必ず名刺入れに入れるようにしましょう。

名刺は必ずカバンに予備を用意しておくべし

会社訪問などの際、思わぬ多人数と会うことがあります。この場合、名刺入れに入れている名刺だけでは到底足りません。ある人には名刺を渡し、ある人には名刺を渡さないとなると非常に印象が悪くなり、商談もうまく進めることができません。必ずカバンに予備の名刺を入れておくようにしましょう。

商談中にしてはいけないこと

・相手の名刺をしきりに触ったりするのはタブーです。渡した側から見ればあまりいい気はしませんし、何よりも落ち着きが無い人と見られてしまいます。
・相手の名刺を忘れて帰るのは×。

↑ PAGE TOP